ぱしふぃっくびいなす、福山港へクルーズ船が寄港

クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が、2016年5月15日に福山港へ寄港します。当日は「蔵王はねおどり」などの歓迎イベントも実施される。

春の日本一周クルーズ中の客船「ぱしふぃっくびいなす」が、福山市の市制施行100周年と福山港の開港50周年を記念して、福山港へ寄港します。

ぱしふぃっくびいなす、福山港へクルーズ船が寄港
ぱしふぃっくびいなす

広島港に寄港した ぱしふぃっくびいなすの様子

ぱしふぃっくびいなす「春の日本一周クルーズ」の最初の寄港地となっており、乗客は福山ばら祭り(2016年はゲストにAKB)や、鞆の浦観光鯛網など市内外を観光。

福山市は、この寄港に際し歓迎イベント&お見送り行事を実施。

入港時には、広島県無形民俗文化財に指定されている「蔵王はねおどり」の披露と手旗で歓迎ムードを盛り上げ、出港時は乗船客から投げられる紙テープを受け取ってお見送りをする。

また、停泊中は岸壁からクルーズ船を間近に見ることも出来ます。当日のスケジュールは以下の予定となっています。

場所 福山市箕沖町 福山港国際コンテナターミナル第2バース
接岸 8時00分
歓迎行事 7時50分~8時30分頃 「蔵王はねおどり」ほか
見送り行事 16時10分~17時00分頃
離岸 17時00分
備考 駐車場は会場内に用意

その他、広島港・宇品港に寄港予定の豪華クルーズ船のスケジュールはこちらから。

ads


あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP