みろくの里にダイナソーパーク誕生!実物大の恐竜が森に出現

2017年ゴールデンウィーク(GW)の直前に、福山市のみろくの里に恐竜の森「ダイナソーパーク」が誕生!動く実物大の恐竜が園内の天然林の中に出現します

福山市のテーマパーク「みろくの里」に、2017年4月28日、本格的恐竜体験ゾーン「ダイナソーパーク」がオープンします。

みろくの里にダイナソーパーク誕生!実物大の恐竜が森に出現

実物大の動く恐竜が20体規模で展示される、中四国初上陸のダイナソーパーク。

恐竜が生態系の頂点に君臨していた「ジュラ紀から白亜紀」の時代に生息したティラノサウルス・トリケラトプスなどの恐竜を、園内の天然林の中に展示。ここをウォークスルーで体験するという冒険型アトラクションです。

ゴールデンウィークは、恐竜の森「ダイナソーパーク」で家族大冒険!

ads

みろくの里 ダイナソーパーク概要

ダイナソーパークは、延べ面積7300平方メートルで高低差のある地形を生かした全長約350mのコース。ここで待ち構えるのは、重厚かつ攻撃的な動きで周囲を威嚇して吠える恐竜たち計20体!

タイムスリップしたかのような当時の世界観を味わえる体験福山市で楽しめる。

恐竜ラインナップは以下の通り。

名称(設置数) サイズ 主食
ステゴサウルス(1体) 9m 草食
パキケファロサウルス(1体) 5m 草食
テノントサウルス(1体) 6m 草食
ディノ二クス(3体) 3m 肉食
アンキロサウルス(1体) 10m 草食
アパトサウルス(2体) 19m、25m 草食
プテラノドン(2体) 7m、9m 魚食
ティラノサウルス(1体) 13m 肉食
トリケラトプス(2体) 9m 草食
ヴェロキラプトル(3体) 2m 肉食
オルニトミムス(2体) 3m 雑食
アロサウルス(1体) 7m 肉食

2017年4月28日から常設展示で、利用料金は1回500円。フリーパスは1回入場可能で、乗り物券は5枚必要。所要時間は20~30分ほどで、小学生以下は保護者同伴となっています。

このほか、化石の入った土を水で洗い流して石・砂・流木に紛れる化石を見つけ出す「ダイナソーフォッシル(1回500円)」や、恐竜グッズを販売する恐竜の卵をモチーフとした卵型建造物「D-Store」も同時オープン。

みろくの里のアトラクションゾーンや「いつか来た道」、アスレチックパークなどと併せて “恐竜体験”を楽しもう。

ads



2017.04.10 11:30 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 福山市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP