三次駅で芸備線100周年イベント、カンセンジャーやミニ新幹線も

今年芸備線は開業100周年。これを記念したイベントが三次駅で開催され、大人から子供まで電車好きが集まりました。

2015年6月1日で芸備線開業100周年を迎える事から、5月30日に広島駅・三次駅で記念式典が行われ、三次駅ではこれに関連し「おかげさまで100周年」イベントが開催されました。

三次駅で芸備線100周年イベント、カンセンジャーやミニ新幹線も

三次駅駅舎横で行われた「おかげさまで100周年」イベントでは懐かしのヘッドマークや機関車の部品展示、こどもたちにも嬉しいミニ500系新幹線も登場。

カンセンジャー

JRのオリジナル戦隊ヒーロー、カンセンジャーもお祝いに駆けつけました。

ads

工事続く新しい三次駅で芸備線の歴史振り返る100周年イベント

以下の動画は、芸備線100周年イベントの会場の様子。


JR三次駅は駅を挟んだ南北への行き来ができるようにと2014年に「南北自由通路」が完成、その後、新しい駅舎が今年春に供用開始となりました。

三次駅 南北自由通路

駅北エリアでは引き続き、今年夏の完成に向けてバスターミナルの整備が行われています。

芸備線 懐かしいヘッドマーク

芸備線100周年イベントは、三次駅の敷地内で開催。懐かしのヘッドマークや機関車の部品展示や

芸備線の看板や電車のヘッドマーク

機関車の部品展示

ペーパークラフトのプレゼントなども。

芸備線100周年でペーパークラフトのプレゼント

また、子供たちが楽しめるミニ新幹線(500系)も登場。

ミニ新幹線(500系)

このミニ新幹線は下にタイヤが付いているため、専用の線路を設置しなくても走行可能。ちゃんと制服を着た運転士さんが運転してくれます。

庄原市のキョロ山くん

カンセンジャーや近隣地域のゆるキャラ(庄原市のキョロやまくんやヒバゴン、安芸高田市のたかたんなど)も登場し、記念撮影会も行われました。

芸備線100周年記念イベントの様子

駅の改札前の待合席では芸備線の歴史を振り返る写真展・映像放映があり、こちらも電車好きの大人たちが食い入るように見ていました。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP