三次 田んぼアート、2014はヤマタノオロチ!色鮮やかな大蛇が登場

恒例になった広島県三次市の県道37号線沿いに作られる田んぼアート。2014年の田んぼアートのテーマは神楽の演目である、ヤマタノオロチ。大蛇が口から火を噴いています。

恒例になった広島県三次市の県道37号線沿いに作られる田んぼアート。2014年の田んぼアートはこれ!

三次 田んぼアート、2014はヤマタノオロチ!色鮮やかな大蛇が登場

テーマは神楽の演目である、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)
大蛇が口から火を噴いています。

数年前に、同じ場所で開催されていた田んぼアートを見たときは、鵜飼をテーマに作られていました。

その頃は、田んぼアートの場所の目印は1体のカカシが立っているだけで、非常に気づきにくかったのですが、今年はしっかり展望台も設置され、色んな色が使われていて鮮やかで、とても見応えがありました。

三次 田んぼアート、カカシの釣りおじさんも

展望台にはカカシのおじさんが釣りをしています。近づくまでカカシと気づかずドキッとしました。

ads

カカシが増量!アンジュヴィオレの選手かかしも

展望台の横には、田んぼアートのテーマについて解説された看板も設置されています。

三次 田んぼアート、説明看板も

食協の田んぼアートということで、右下には食協の文字とロゴが。

食協 田んぼアート

近くで見てみると、数種類の苗が使われていることがよく分かります。色の違いもクッキリ!

三次田んぼアート、数種類の苗

今年はカカシも増えていて、

アンジュヴィオレのかかし

横川で生まれた女子サッカーチーム「アンジュヴィオレ」が居たり(アンジュヴィオレのスポンサーは食協)、

おばあちゃんカカシ

割烹着を着たおばあちゃんカカシ、

牛とおじいちゃんカカシ

牛で畑を耕すおじいちゃんカカシなど、他にもいろいろ。

三次田んぼアート ヤマタノオロチの大蛇

以前の鵜飼の田んぼアートと比べると、色も増えましたしデザインも凝っていて、とても見やすくなりました。稲はまだ頭を垂れていなかったので、秋の収穫まで1~2ヶ月は楽しめそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP