三良坂スカイツリー、広島県三次市で49分の1サイズのスカイツリーが誕生!

三良坂にスカイツリー登場?!広島県三次市三良坂に、手作りのスカイツリーがお目見えしています。三良坂に住む森田則清さんが作ったもので、ライトアップも出来る。

三良坂スカイツリー と呼ばれている、広島県三次市三良坂にちょっと話題のスカイツリーがあります。夜になると、東京スカイツリーのようにちゃんとライトアップもされ(LEDを使用)、なかなか綺麗です!

三良坂スカイツリー、広島県三次市で49分の1サイズのスカイツリー誕生!

三良坂スカイツリー が作られた場所は、田んぼが広がる田舎道・県道61号線沿いにあります。三良坂スカイツリーをつくったのは 森田則清さん(72歳)で、自宅の裏に建てられています。

森田さんは、知人から貰った東京土産の菓子箱にスカイツリーが描かれているのを見て「これくらいなら、すぐに自分も作れる」と思ったんだそうで

設計も何もせず、思いつくまま作り始めて、たった3日で完成させたのだとか!(しかも、ほぼ1人で)見よう見まねで作ったとは思えない完成度にビックリです。

三良坂スカイツリー、森田則清さんが作ったミニチュア東京スカイツリーが三次に

三良坂スカイツリーの大きさは約15mほどで、本物の東京スカイツリーの約49分の1サイズというミニチュア版です。

ちなみに、三良坂スカイツリーの材料はほとんど廃材や貰ってきたものだそうで、「買ってきたのは支柱の3本だけ。私には捨てるものはないんよ」とニッコリ優しい笑顔で説明してくれました。

ads

三良坂スカイツリー、見頃は日が暮れてLEDの照明が点灯した頃に

三良坂スカイツリー全体に巻きつけてある網状のものは、蚕(かいこ)を育てる時の敷物として使われていたものを再利用し、東京スカイツリーの模様に見たてています。

三良坂スカイツリー、外側には蚕の敷物を再利用

土台の部分には大八車の車輪を使っていたり、家にあった農具でもう使わなくなったものなどをフル活用。ツリーの一番高いアンテナ部分は、竹で作ったんだそうです。

夕暮れ時に浮かび上がるシルエットも、なかなか!

三良坂スカイツリー、夕暮れ時にはシルエットが綺麗に

こんなスカイツリーをあっという間に作り上げてしまう森田さんなので、手先はとても器用。ここ数年前から趣味で絵を書くことも始めたそうで、自宅には「則庵」というギャラリーもありました!

木目を生かしたキャンパスに描く、絵の魅力

「絵もやりょーるんよ。見てみる?」 と、自宅ギャラリー 則庵 へも招いて頂きました。

三良坂スカイツリーの森田則清さん、自宅で絵のギャラリー 則庵も

入口にある、大木を使った表札板もこれまたいい感じです。中に入ってみると、想像以上の数のアートたちにビックリ!以下はそのごく一部ですが、

三良坂、森田則清さんのアート作品たち

田んぼを耕す人と牛を描いたものや、

三良坂、森田則清さんのアート作品たち

富士山を描いたもの、

三良坂、森田則清さんのアート作品たち

近所の何気ない風景や、これまでに訪れた場所で印象に残った風景、花や動物など、大きな作品から小さなものまで、3部屋と土間をフルに使って、ビッシリと展示されていました。

三良坂、森田則清さんのアート作品たち 則庵

マツケン清盛も!

三良坂、森田則清さんのアート作品たち 松山ケンイチの清盛

沢山の作品の中でも、特に多く描かれていたのが、富士山。富士山が大好きなんだそうで、大小数えきれないほど 富士山の絵が飾られていました。

三良坂、森田則清さんのアート作品たち 富士山

中でも、この富士山は印象的でした。木目の流れを、そのまま雲にして描いたもので、独特の雰囲気があって面白い。その他、自然な木のそのままの形を生かして花を活けてあるアート作品などもありました。

三良坂、森田則清さんのアート作品たち

「古いものでも再利用できるから、私には捨てるものがない」

「自然にあいてる穴も、虫食い跡も、絵になるんよ」

三良坂、森田則清さん

スカイツリーをたった3日でチャチャッと作り上げてしまったり、美しい絵を書いたりできる技術もスゴイんですが、気さくな人柄もまた魅力的。森田さんは目をキラキラと輝かせて楽しそうに話をしてくれて、まるで少年のようでした。

とても気さくな方なので、三良坂スカイツリーやギャラリーを見に行く際には、是非 森田さんとのトークも楽しんで下さい。

三良坂スカイツリー、森田さんの自宅裏にて

三良坂スカイツリーの点灯時間は、暗くなってから1時間前後のよう。ちなみに、ツリーもギャラリーもご自宅なので、あまり迷惑のかかる時間帯の訪問は避けた方が良さそうです。

▼三良坂スカイツリー
三次市三良坂町字三良坂 森田則清さん宅(地図で確認
木の板に絵を描くアート作品は、自宅ギャラリー「則庵」に展示(見学自由)
※今の所は、2012年のクリスマスまではLEDで点灯する予定との事

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP