海洋堂フィギュア展、アニメや乗り物など たのしい “おまけ”の世界

みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)で、大人もこどもも楽しめる企画展、海洋堂フィギュア展が7月1日~8月30日まで開催中。

食玩やカプセルトイなどで知られる海洋堂のフィギュア展が2015年7月1日より、みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)にて開催されています。

海洋堂フィギュア展、アニメや乗り物など たのしい “おまけ”の世界

海洋堂フィギュア展では、「ゲゲゲの鬼太郎」や「ポケットモンスター」などのキャラクターのフィギュアをはじめ、乗り物・動物など幅広い種類のフィギュアが展示されています。

精密に作られたフィギュアを通して日本のサブカルチャー文化の一端を紹介すると共に、楽しくて不思議なフィギュアの魅力に迫る展示内容になっています。

ads

海洋堂フィギュア展開催概要と関連イベント

海洋堂フィギュア展の開催期間は8月末まで。この関連行事として、海洋堂の館長や造形師の講演会、フィギュアを作るワークショップ、アニメソング琴演奏会なども実施される予定。

ワークショップに参加して夏休みの自由研究としたり、フィギュアを眺めながら親子でアニメの話をしたり…と夏休みのおでかけによさそうです。

ワークショップは事前応募が必要で、定員もあるため申込みはお早目に。

海洋堂フィギュア展
開催日 2015年7月1日から8月30日
場所 広島県立歴史民俗資料館(広島県三次市小田幸町122
時間 9時から17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日(ただし7月20日・8月10日は開館)
入館料 一般500円、高校・大学生380円、小・中学生250円
※海洋堂フィギュア展期間内の入館料
記念講演会(関連行事) 「20世紀を駆け抜けた漫画・アニメ」講演:比治山大学 斉藤克幸教授(7月4日)
「創るモノは夜空にきらめく星の数ほど無限にある」講演:海洋堂 宮脇修館長(8月7日)
「フィギュアとアニメ・キャラクター」講演:海洋堂 BOME造形師(8月9日)
展示解説会:解説はみよし風土記の丘ミュージアム職員(7月19日、8月9日)
ワークショップについて詳細はチラシをご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP