エアポートバス 三次-広島空港線がスタート

広島空港と三次市を結ぶエアポートバスが2016年7月14日~2017年1月13日まで、三次方面へのエアポートバスが運行中。所要時間・運賃なども

県北から広島空港へのアクセスが便利になっています。広島空港三次市内を直結させる空港連絡バス(エアポートバス)の社会実験が2016年7月14日からスタートしました。

エアポートバス 三次-広島空港線がスタート

県北部にある三次市と、広島空港(三原市)を繋ぐ公共交通機関が少ないことから、空港利用に不便を感じていた方も多いですが

エアポートバスの運行開始により、観光・ビジネス…とあらゆる場面での双方への行き来がしやすくなりそうです。

ads

広島県内の各エリアから、エアポートバスが続々追加中

三次-広島空港を結ぶこの路線バス(エアポートバス)のポイントは以下

  • 三次駅前~広島空港まで所要時間74分
  • フライトダイヤに合わせ、毎日 朝・昼・夜の3往復
  • 往復利用で、三次駅にし駐車場料金がお得に
  • 回数券利用で運賃がお得に

ルートは、三次工業団地 → 三次中央病院 → 三次ロイヤルホテル前 → 三次駅前 → 吉舎中学校 → 広島空港 と、その逆も運行。

運賃は【三次工業団地~三次駅-広島空港】が大人片道1300円、大人往復2200円(こども半額)、【吉舎中学校~広島空港】は大人片道800円、大人往復1350円(こども半額)。社会実験のため、運行期間は2017年1月13日までの予定となっています。

2016年7月現在、広島空港と県内各地を結ぶエアポートバス(リムジンバス)は、

広島バスセンター~広島空港(広島電鉄)
広島駅~広島空港(広島電鉄)
福山駅~広島空港(中国バス)
三原駅~広島空港(中国バス)
竹原フェリー~広島空港(安全タクシー)
呉駅前~広島空港(広島電鉄)
尾道方面~広島空港(おのみちバス)
三次方面~広島空港(備北交通)

の全8路線が利用できるようになっています。詳しくは広島空港ホームページ「アクセス情報」をご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP