真赤に染まる三次・彼岸花群生地、開花スタート

辻の彼岸花群生地(三次市吉舎町)の彼岸花(ヒガンバナ)が2016年も咲きはじめ、緑の草原が赤い花で染まり始めているようです。

広島県三次市吉舎の川沿いにあるヒガンバナお花見スポット「辻の彼岸花群生地」が2016年も少しずつ開花が始まっているようです。

真赤に染まる!三次・彼岸花群生地が見ごろへ
写真は満開時の様子

辻の彼岸花群生地は、一般の方が見て回りやすいようにと地域の方が整備を行い無料で公開しているもの。

田んぼのあぜ道などにポツポツっと咲いているのを見かける事が多い彼岸花ですが、ここ群生地では、満開になると赤い絨毯を敷き詰めたような見事な風景が広がります。写真愛好家の方が熱心にシャッターを切る姿もよく見られます。

三次市吉舎支所によると、9月12日時点で“先週末は緑の草原だった彼岸花群生地がカープの優勝をお祝いするようにあちこちに赤い花が目立ってきている”とのこと。

今年秋の彼岸の入りは9月19日。この頃に見ごろを迎えそう。開花状況については、三次市観光公式FBにて随時掲載されているため、確認の上お出かけを。

ads


あわせて読みたい

edit 『 三次市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP