出雲大社 神迎祭、全国の神々を迎え入れる神事は神秘的

島根県出雲市、縁結びの神様がいる として知られている 出雲大社にて 神迎祭(かみむかえまつり)が行われました。 神迎祭・神迎神事とは、その名の通り 神様を迎え入れること。6日に稲佐の浜で行われた 神迎祭(神事)の様子を 画像と動画でご覧ください。

島根県出雲市、縁結びの神様がいる として知られている
出雲大社にて 神迎祭(かみむかえまつり)が行われました。
神迎祭・神迎神事とは、その名の通り 神様を迎え入れること。

出雲大社 神迎祭、全国の神々を迎え入れる神事は神秘的

旧暦の10月は全国的には 神無月と呼ばれますが、島根県出雲地方では
神在月 と呼びます。それは、全国の八百万(やおよろず)の神が
出雲大社に集結し、1週間滞在。人々の「しあわせ」の縁を結ぶ会議
神議(かみはかり)が行われる為なのです。

2011年は旧暦の10月10日にあたる11月5日の夜に神々を迎え入れ、
6日から神在祭が1週間行われます。

ads

神迎祭の様子や、神在祭 2011のスケジュールなど

まずは神迎祭の様子を動画でご覧下さい▼

神在祭 神迎神事 動画2011
神在祭、全国の神様を迎える神迎神事 動画

神迎神事は出雲大社から少し離れた場所にある
稲佐の浜 にて行われます。この日、朝から絶えず降っていた雨も
神事が始まる約1時間前から止んで月には暈(かさ)がかかっていて
とても神秘的。入り口では、神迎御幣(かみむかえ ごへい)が手渡され
これを手に神々を迎え入れるそうです。

出雲大社 神迎祭の画像3

神様が通る道 として、浜の入り口には わらの道が敷いてあるので
これを「踏まないように」脇を通って浜に進みます。

出雲大社 神迎祭の画像2

浜辺では火が焚かれ、人がどんどん集まってきます。

出雲大社 神迎祭の画像4

出雲大社 神迎祭の画像6

時間になると、全ての電気が消されて
焚かれた火の灯りのみで神事が執り行われます。
※カメラのフラッシュ撮影は厳禁。

神々が宿った「ひもろぎ」という2本の榊(さかき)を
白い布で囲って出雲大社に移動します。
…と移動しはじめた その時から浜に雨がサーッと降り始め
参拝者たちは「やっぱり神様はここに居たんだ…!」と驚き。

出雲大社 神迎祭の画像8

本来ならば神々の後を参拝者が歩き、一緒に
出雲大社へ移動するそうですが 雨天が予想された為に
これは中止されました。

ちなみに、神職の方が神々を神社にお連れする為に
動き始めた瞬間から 侵入規制の枠を超えて
神事が行われたテントに入り込み、そこに飾られた神聖な
御幣や木々をもぎ取って帰る人達が。

出雲大社 神迎祭の画像5
※これは荒らされる前のテントの様子

神事が始まる前に、再三「しないでください」と
神職の方が言うにも関わらず こうした事が毎年起こるのだそうです。
本当に残念でなりません。

全国の神様の前でのお参りも、常に
常識とマナーを持って 行きたいものです。

これに続き、出雲大社の神楽殿などでも神事が行われました。

出雲大社 神迎祭11

神有祭では 全国から集まった神々がこれから1週間、
会議を行い 男女をはじめとする様々な「縁」がここで
決められる とも言われています。

みんなに、いい「ご縁」がありますように。

神有祭 動画 2011
出雲大社 神在祭(神迎祭)動画

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島県 近郊 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP