ダンボール迷路が登場、昔懐かしの屋内遊具も

2015年6月6日よりダンボール迷路が備北丘陵公園に新登場する。公園内で遊んでいて雨が降ってきても、充実した屋内施設で子供たちが退屈することなく楽しめます

国営備北丘陵公園(広島県庄原市上原町1300)にて、2015年6月6日よりダンボール迷路が新登場する。

ダンボール迷路が登場、昔懐かしの屋内遊具も

ダンボール迷路は、北入口エントランスセンター国兼2Fにオープンするもので、公園内で遊んでいて雨が降ってきても、子供たちが退屈することなく屋内で楽しめるよう屋内施設を充実させた。

またこの他にも、おままごとセットや汽車のおもちゃ、童話の絵本などが置かれていたり、「ひばの里 さとやま屋敷」では昔懐かしい遊び「けん玉」「お手玉」「将棋」なども用意されており、大人と一緒に自由に遊ぶこともできるほか、

週末ごとに「ほたる観察会」や「梅ジュースづくり」「ミニ七夕づくり体験」「七夕ちらし寿司づくり体験」など様々な催しも用意しているとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 庄原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP