食用ネズミ!?広島県庄原・三次エリアでご馳走だというそれを食べてみた

今回取り上げるのは 広島県の中でも山側、備北地方に関する食文化。ねずみ、というのはネズミザメというサメのことなのですがこのエリアではサメのことを“ワニ”と呼ぶ。そんな刺身を食べてみた

記事タイトルでビックリしちゃった方すみません。食用ねずみ…とは書きましたが、決してエグい画像が登場するワケではないのでご安心を。今回取り上げるのは 広島県の中でも山側、備北地方に関する食文化。

ねずみ、というのはネズミザメというサメのことなのですが「ワニバーガー」や「ワニプリン」の記事でも書いたように、広島の備北エリア(三次市庄原市あたり)ではサメのことを“ワニ”と呼ぶ

食用ネズミ?!広島県庄原・三次エリアでご馳走だというそれを食べてみた

ワニというだけでもかなりのインパクトですが、これが刺身用の切り身となって何の疑いもなくスーパーの鮮魚コーナーに並ぶ光景をこのエリアではよく目にします。それだけでなく、お店の外には「ワニ、あります」と幟旗まで設置しちゃうお店もあるほど。

今回筆者が食べてみたのは、前述にもあるように「ネズミザメ」。値札のところには「わに(ねずみ)」と書かれていたもんだから、もう何が何だかワカラナイ。しかし勇気を振り絞って食べてみました。

ads

肉厚できれいなピンクの刺身だった

サメの切り身は、どんなものなのだろう…と見てみると、想像していたより色は薄く、ピーチネクターのような優しいピンク色でちょっと透明感がありました。

ワニ サメの画像2

ワニ サメの画像

お刺身なので、わさび+醤油で頂きましたが食感は柔らかく、まぐろの赤身のようなイメージ。(それよりももっと柔らかい感じでしょうか)

瀬戸内小魚などの刺身とは違い、弾力のある食感ではないもののクセもほとんど感じない。

三次市や庄原市などは山に囲まれた土地で、冷蔵技術が発達していない頃は海のものが口に入ることは少なかったそう。

地元のおじいちゃん・おばあちゃんにお話を伺うと、ワニ(サメ)は保存がきくため重宝していたとのこと。お盆や正月など、家に人が集まる時には必ず出てきた というほどの「ご馳走」的存在だったようです。

それでも人それぞれに好みはわかれるようですが、お酒のオツマミなどとして今も愛されるワニ(サメ)。こんな独特の食文化も、旅先のスーパーなどでは発見があるため見てまわるのも楽しいですよ。

ads


あわせて読みたい

edit 『 庄原市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP