12日から週末にかけて大雪の恐れ、北部で降雪平年の3倍も?

12月12日(金)の夜頃から週末にかけて特に広島県北部を中心に大雪となる恐れがある事が分かりました。積雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれにご注意ください

12月12日(金)の夜頃から週末にかけて特に広島県北部を中心に大雪となる恐れがある事が分かりました。

12日から週末にかけて大雪の恐れ、北部で降雪平年の3倍も?
※画像はイメージ

広島地方気象台の発表によりますと、

広島県では、13日から14日にかけて、大雪となるおそれがあります。
12日夜から14日にかけて、中国地方の上空には強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。
このため、北部を中心に13日から14日にかけて、大雪となるおそれがあります。積雪や路面凍結による交通障害、なだれや着雪などに注意してください。
広島地方気象台「大雪に関する広島県気象情報」 平成26年12月11日16時36分発表

とのこと。積雪や路面凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれにも注意が必要。また、毎年雪が降る地域でも除雪作業中の事故はよく起こっているためご注意を。

なお、12日5時に発表された広島の週間天気予報(12日から18日まで)では連日北部の最低気温が-3℃から-4℃になると見られているため防寒対策をしっかりとしてお過ごしください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP