年末年始の高速道路渋滞、広島は1月2日からピークへ

2015-2016年末年始の高速道路渋滞予測。今回は1月2日・3日にピークがくると予想されています。広島県内の情報を詳しく紹介。

帰省やUターンラッシュが発生する年末年始期間の渋滞予測を、ネクスコ西日本(西日本高速道路株式会社)中国支社が11月27日に発表しました。

年末年始の高速道路渋滞、広島は1月2日からピークへ

発表されたのは2015年12月26日~2016年1月4日までの10日間の渋滞予測。

西日本エリアでは全体的に大晦日・元旦は比較的落ち着くが、その前後2日に渋滞の波が起こる・・というのが今回の特徴。

特に1月2日~3日にかけてが渋滞のピークとみられ、この期間に目立つものでは岡山県内の山陽道上り方向の阿坂トンネル付近でピーク時25km程度の渋滞、山口県内の山陽道上り方向の関戸トンネル付近で15km程度の渋滞が予想されています。

当サイトでは、発表された渋滞予測のうち、広島県内で発生するとみられる渋滞について場所・時間帯をまとめました。

ads

2015-2016年末年始渋滞予測 広島県内編

ネクスコ西日本が発表した年末年始の渋滞予測のうち、広島県内の詳細情報は以下。(2015年12月4日現在での掲載情報)

日時場所(上り線or下り線)渋滞の長さ渋滞発生予想時間/通過所要時間
12月26日 山陽道奥谷PA~広島東IC(下り線) 10km未満 6時~8時頃、17時~19時頃
12月27日 山陽道志和IC前~広島東IC(下り線) 最大10km 16時~20時/最大約30分
12月28日 渋滞予測なし - -
12月29日 山陽道奥屋PA~広島東IC(下り線) 10km未満 6時~8時頃、17時~19時頃
12月30日 山陽道志和IC前~広島東IC(下り線) 最大10km 18時~20時/最大約30分
12月31日 渋滞予測なし - -
1月1日 渋滞予測なし - -
1月2日 山陽道広島IC~奥谷PA(上り線) 最大10km 17時~21時/最大約30分
1月2日 山陽道高屋JCT~河内IC(上り線) 最大10km 11時~17時/最大約30分
1月2日 山陽道西条IC~奥谷PA(下り線) 最大10km 16時~20時/最大約30分
1月3日 山陽道広島IC~志和トンネル付近(上り線) 最大10km 16時~20時/最大約30分
1月3日 山陽道福山SA~鴨方角IC(上り線) 最大25km 12時~20時/最大約1時間15分
1月4日 渋滞予測なし - -

広島から河内ICの間での渋滞が多く予想されています。帰省・Uターンで飛行機(広島空港)を利用される方は相当余裕をもって計画を立てる事をおすすめします。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP