台風19号、中四国は13日昼頃から雨と風ピークの時間帯は

大型で強い台風19号は勢力を保ったまま北よりに進んでおり、13日(月)からは次第に速度を上げて東よりに進むとみられています。雨・風のピーク時間帯は

大型で強い台風19号は勢力を保ったまま北よりに進んでおり、13日(月)からは次第に速度を上げて東よりに進むとみられています。

台風19号、中四国は13日昼頃から雨と風ピークの見込
Photo by http://google.org/publicalerts

気象予報士の戸田さんが12日11時に発表した、台風19号による雨と風の影響のピークは

九州南部:12日夜から13日いっぱい
九州北部:13日早朝から夜まで
中四国地方:13日昼前から14日早朝まで
近畿東海地方:13日昼ごろから14日昼頃まで
関東北陸地方:13日夜から14日昼ごろまで
東北地方:14日早朝から昼すぎごろまで
via. tenki.jp

この前後にも雨・風の影響が出るとみられています。また、気象庁の発表によると14日18時までに予想される24時間降水量は多いところで

山陽:100から150ミリ
山陰:200から300ミリ

と予想(12日17時発表時点)されており山陰では大しけとなる見込み。強い風も吹いており、暴風・高波をはじめ、土砂災害、浸水害、河川の増水、落雷、突風、高潮にご注意ください。

今後の台風情報や警報・注意報に留意してください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP