東広島映画祭、酒蔵で上映!ゲストに「余命1ヶ月の花嫁」の監督、戦国カフェも

東広島映画祭 が、7月7日と8日の2日間 開催されます。この映画祭は、広島大学の学生が企画したもので、今年で6回目を迎える。今年の東広島映画祭は初の試みとして、地酒が有名な西条ならではの町並みと雰囲気の良い 酒蔵通りが会場。

東広島映画祭が、7月7日と8日の2日間 開催されます。この映画祭は、広島大学の学生が企画したもので、今年で6回目を迎える。

これまでは映画館で行っていた東広島映画祭ですが、今回 初の試みとして、地酒が有名な西条ならではの町並みと雰囲気の良い 酒蔵通りが会場となりました。

東広島映画祭、酒蔵で上映!ゲストに「余命1ヶ月の花嫁」の監督、戦国カフェも

第6回東広島映画祭のゲストには、映画「余命1ヶ月の花嫁」や「軽蔑」などで知られる広木隆一監督を招いており、

最新映画「RIVER」の上映や、貴重な映画の話が聞けるトークショーも行われる予定。

その他、全国から募集した自主制作のショートフィルムから10本を厳選し上映。これらが全て無料で鑑賞することができる。

ads

戦国カフェ「侍」や「シネマカフェ&バー」も

賀茂鶴一号蔵の会場では、ステージ「センゴク・武・SHOW」も楽しめる 戦国カフェ「侍」が7日の11時~16時、

7日17時~21時30分までは「シネマカフェ&バー」として映画とともに地酒も楽しむことが出来るとのこと。

戦国カフェ「侍」など、東広島映画祭にて
写真は武将イメージ

東映株式会社岡田茂名誉会長が東広島市西条町の出身だったということもあり、映画と関係の深い東広島市。

映画を通じて東広島をもっと知ってもらいたいと、映画祭をキッカケに地域交流や活性化へ繋げたいと企画した広大の実行委員は期待を寄せ、映画祭を盛り上げる。

酒蔵通りならではの雰囲気と映画をどっぷり楽しめる2日間となりそうです。

第6回 東広島映画祭
日程: 2012年7月7日、7月8日の2日間
場所: 広島県東広島市 西条酒蔵通り

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP