二百廿日豊年市民祭2013、廿日市駅前に鬼・天狗も出没!

二百廿日豊年市民祭が2013年9月14日(土)に開催されます。二百廿日豊年市民祭の由来や、催しものなど詳細はこちら

二百廿日豊年市民祭が2013年9月14日(土)に開催されます。この 二百廿日豊年市民祭は、毎年恒例の廿日市市の夏のお祭りで、およそ300年以上も前から行われて来たと伝えられているもの。

「二百廿日豊年」とは、この町の産業である農業や漁業に大敵である災害(台風)が襲来すると言われる厄日・二百十日と二十日 が無事に過ごせた事に感謝して催したものが始まりと言われているそうです。(二百十日は立春から数えた日数)

二百廿日豊年市民祭2013、廿日市駅前に鬼・天狗も出没!

広島のイベント・祭り情報はこちらから!

16時半からスタートする 二百廿日豊年市民祭は、地元酒造会社の 中国醸造の鏡開き・振る舞い酒から豪快にはじまり、豊年躍り、神楽…と催しが続きます。

広電 廿日市駅前から国道2号線へと続く商店街とその周辺は交通規制がかかり、14時頃から多くの露店が軒を連ねます。ここには夕方頃から天狗や鬼が出没!

子どもたちはその姿を見るなり逃げ回ったり泣いたりしてしまいますが、古くからこの出没する鬼や天狗は縁起がいい といわれているため 子どもは逃げる、親は子に触ってもらおうとする…と大騒ぎ状態になるようです(笑)その光景は、尾道市のベッチャー祭り とも通じるところがありそうですね。

暗くなると神輿や和太鼓の演奏などもあり。廿日市の「浴衣の着納めの祭り」とも言われているので、この夏 浴衣を着逃した方は最後のチャンスです。

二百廿日豊年市民祭2013
日程2013年9月14日(土)
時間14時から22時30分(予定)
場所廿日市駅前商店街・廿日市中央市民センター付近
駐車場なし(公共交通機関をご利用ください)
駐車場二百廿日豊年市民祭ホームページ

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP