2014GW、高速渋滞や新幹線混雑ピーク予想は3日

有休を挟めば最大11連休!とも言われている2014年のGW(ゴールデンウィーク)。高速道路や 新幹線ではやはり5月3日から5日が渋滞のピークを迎えそうです。

有休を挟めば最大11連休!とも言われている2014年のGW(ゴールデンウィーク)。消費税改訂に伴い、高速道路料金をはじめとして様々なモノやサービスが値上げされているため今年のGWは国内で過ごす人も多いと予想されています。

その中、西日本各地の高速道路ではすでに4月25日から10km以上の渋滞が予測されています(NEXCO西日本の情報による)。

2014GW、高速渋滞や新幹線混雑ピーク予想は3日

その中でも高速道路が混雑すると見られるのはやはり5月3日・4日。時間帯は場所によって様々ですが、全国的に9時頃から15時頃までが混雑。朝早くから動きはじめたり、日中をはずして夕方・夜に動くと良さそうです。

新幹線の指定席予約状況もやはり、4連休になるGW後半(5月3日から6日)に予約が集中しているとJR西日本広島支社が発表。「JRおでかけネット」でGW中の空席情報が掲載されているため、上手に利用したいところ。

ads

西日本地域なら「急がばまわれ 中国道!」

特にGWなどの大型連休の時は山陽道は何かと渋滞しますがここで使いたいのが中国道。関西と広島・九州を行き来する場合、山陽道を経由するルートよりも、少し遠回りにはなりますが中国道を経由したルートの方が1時間程度早く到着したという計測結果も出ているそう。

渋滞に巻き込まれるとドライバーさんは集中力が切れ、それが事故につながる確率も高くなります。時間やルートを吟味して楽しいGWにしてくださいね。渋滞が予想されるポイントや時間帯についてはネクスコ西日本が渋滞予測カレンダーをリリースしているため、そちらからご確認ください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP