2016スギ・ヒノキ花粉予報、いよいよピークへ突入 広島は3月から

日本気象協会が2016年の花粉ピーク時期を地方別に発表。花粉シーズンの到来を目や鼻で感じとっている方も増えてきました。

1月後半の強い寒さの後、立春を迎えると共に寒さが緩みはじめ、2月14日の春一番が吹いた頃からついに2016年も花粉の季節に突入しました。

いよいよ広島も花粉シーズンピークへ、2016スギ・ヒノキ予報
2016年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

日本気象協会(2月17日発表)によると、2月後半からは九州~関東にかけてスギ花粉が多く飛び、桜前線よりも一足早くスギ花粉のピークがやってくるとのこと。

ads

【地方別】2016年 スギ花粉・ヒノキ花粉のピーク時期予想

発表された全国8地点でのスギ・ヒノキ花粉のピーク時期予測は以下の通り。

2016スギ・ヒノキ花粉のピーク予報

2016スギ・ヒノキ花粉のピーク予報2

花粉の飛散量は全国的に「平年並み~やや多い」とされており、特に愛知・福岡・佐賀は要注意(飛散予測マップより)。

広島でも飛散量は「前年よりもやや多い」とされており、すでに花粉シーズンの到来を目や鼻で感じている方も多いようですが、スギ花粉のピークは3月上旬~とこれから。ヒノキ花粉は4月上旬からとなっており、まだまだ油断ならない状態が続きそうです。

インフルエンザ/おたふくかぜも流行中で学級閉鎖・学年閉鎖となっている学校もあります。引き続き体調管理にお気を付けください。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP