広島に大量投入の227系電車、3月14日デビュー

JR西日本の広島エリア初!となる新型電車(227系)が2015年3月14日にデビュー。いよいよ運行開始します。呉線をはじめ、山陽本線・可部線で順次投入予定。

JR西日本の新型電車227系が2015年3月14日のダイヤ改正にあわせて呉線をはじめ山陽本線・可部線に順次投入され、いよいよ運行開始します。

広島に大量投入の227系電車、3月14日デビュー
Photo by トレナビ

広島エリアではJR発足以来初めてとなる新型電車の投入となり、鉄道ファンをはじめ地元メディアも注目している「227系近郊形直流電車」。

車体には近畿エリアを走る225系車両をベースに、広島県の木「モミジ」や宮島「大鳥居」・「カープカラー」をイメージしたという赤いラインが入っています。

車内(シート)も落ち着いた赤色に統一し、室内灯にLEDを採用。安全性を確保するための新システムや衝撃吸収構造などなど新しい技術が盛り込まれた電車がいよいよ広島デビューです。

ads

227系電車は115系電車などの置き換えとして投入

新型電車の227系は、オレンジと緑のツートンカラーでお馴染みの115系近郊型電車などの置き換えとして順次投入される予定となっています。

115系電車 画像
※115系電車

また、マイナビニュースによると227系電車は

呉線の快速「安芸路ライナー」を中心に、広島エリアの山陽本線(糸崎~岩国間)・呉線で運行開始。その後も115系などの置換えとして順次投入が進められ、2018年度までに計276両(3両編成64本、2両編成42本)を投入する計画
via. news.mynavi.jp

とのこと。227系のデビューと同じく3月14日には新白島駅が開業予定となっており、その後も駅のリニューアル・新設が続くため広島の鉄道の話題がアツくなりそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP