嘘ついてOK?2月3日は節分、広島ではユニークなイベントも

2月3日は 節分の日。節分とは、季節を分ける日のことで、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言い、年に4回あります。広島では面白いイベントが盛りだくさん!

2月3日は 節分の日。スーパーにも豆がズラリと並べられているのを目にします。

2月3日の節分に、広島ではユニークなイベントも

節分とは、季節を分ける日のこと。「節分」というと、豆まきを行う2月3日の印象が強いですが、実は節分とは各季節の分け目を指す言葉なので、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを言い、年に4回あります。

その中でも、春は日本人にとって1年のはじまりであり特別な季節ということで、立春の前日が特に尊ばれたことから現在では「節分=立春」というイメージが定着したようです。

ads

鬼は外!…の時に、どうして豆を投げるの?

節分といえば「鬼は外、福は内!」というかけ声と共に、炒った豆を鬼に投げるのが恒例イベント。

節分の豆まき

筆者も子供の頃、お面をかぶった父が玄関から入ろうとするのを、本気で豆を投げつけて追っ払ったのが懐かしい思い出です。

しかし、鬼を追い払うために投げつけるモノが、食べものの「豆」であるのは何だか勿体ないような気がしていました。そもそも、どうして豆を使うのでしょうか?

豆は“魔滅(まめ)”という意味を持っており、“魔を滅する”ことで無病息災を祈っているようです。

豆は育てば当然 芽が出てくる。しかし、豆まきで使用し拾い忘れた豆から芽が出ては不吉なため、豆まきに使用する豆は芽がでないように炒った豆を使うのだとか。

地域によって異なる、さまざまな節分イベント

節分の日やその前後では、広島県内でも様々なイベントが行なわれます。

宮島の大聖院で毎年行なわれるのは、福男・福女やミス宮島などが餅や豆・もみじ饅頭などをまく大聖院 節分祭

大聖院節分祭、宮島で厄除け・福を招く 豆まき

また、呉市の高尾神社では、節分の前日から巨大なお多福さんの口をくぐってお参りし厄除けをする「お多福通り抜け」が毎年開催されています。

お多福通り抜け、巨大なお多福さんの口を潜って厄除け!高尾神社

福山市吉備津神社では、この日ばかりは大嘘をついてもOKな「ほら吹き神事(節分祭・放談会)」を開催。

福山市の吉備津神社、ほら吹き神事

豆まきが行われた後、皆で「ほら吹き広場」に移動して、大きな焚き火を囲んでホラを吹きあうという日本でも恐らくここにしかない、笑いに包まれる珍しいお祭りが開催されます。

この他、広島市中区住吉神社では、巫女さんたちが1000匹の鰯(イワシ)の頭を焼いて、その臭いや煙で厄払いをするという「焼嗅がし(やいかがし)神事」や、

ゲレンデを滑走する鬼を雪玉で退治する「恐羅漢節分祭」が、安芸太田町の恐羅漢スノーパークで開催されます。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP