第35回フラワーフェスティバル 閉幕、被災地復興と平和を祈った光に願い

2011年5月3日から3日間、平和大通りで開催された第35回 ひろしまフラワーフェスティバル が、5月5日に閉幕。平和公園の原爆慰霊碑そばでは フラワーキャンドルメッセージ の光が灯され、東日本大震災の被災地復興と平和を祈り暖かい光に包まれました。

2011年5月3日から3日間、平和大通りで開催された
第35回 ひろしまフラワーフェスティバル が、5月5日に閉幕しました。

平和公園の原爆慰霊碑そばでは
フラワーキャンドルメッセージ に光が灯され、
東日本大震災の被災地復興と平和を祈ったメッセージが添えられ
暖かい光に包まれました。

フラワーフェスティバル 閉幕、被災地復興と平和を祈った光

フラワーフェスティバル実行委員会の調べによると、
最終日の来場者はおよそ、554,000人。

3日間の合計にすると、169万人(過去 歴代3位の数字)が来場し
大盛況のまま幕を閉じました。

ads

東日本大震災の被災地に、復興への祈りと願いを込め

フラワーフェスティバル ライトアップ

今回のフラワーフェスティバルでは、
被災地を支援するという目的もあったため、前夜祭を中止とし、
前夜祭用に組んでいた予算の一部を募金に充てられたり

多くの来場者が集るこの場を利用して
会場内の5カ所に募金箱を設置し、募金が呼びかけられました。

広島 フラワーフェスティバル ライトアップ

また、ひろば、ステージ、観光物産コーナー、フリーマーケットなどでの
光源や音量も最小限に抑え、節電・省エネの徹底なども。

賑やかだった昼間とは異なり、夜には思いが込められた
キャンドルに火が灯され、パレードでも使用された「折りづるみこし」も
ほんのりと優しい光でライトアップし飾られました。

フラワーフェスティバル 平和公園で 折りづるみこしのライトアップ

メッセージが込められたキャンドル

ゆっくり歩きながらメッセージを読み入る人の姿や
両手を合わして祈りを込める人の姿も。

去年よりも8000人増となったフラワーフェスティバル。

広島最大のお祭りは幕を閉じ、
舞台裏でフラワーフェスティバルを支えてきた人達によって
perfume の凱旋ライブで盛り上がったステージも撤収されました。

フラワーフェスティバルのステージを撤収

フラワーフェスティバル に関するその他の話題はこちら

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP