たる募金(樽募金)で広島から支援を!カープのオープン戦で3箇所に樽設置

広島カープ は、マツダスタジアムで行うオープン戦 を、東日本大震災 (東北関東大震災)の被災者支援試合にすると発表。たる募金(樽募金)を マツダスタジアムで実施し、オープン戦の収益の一部と、樽募金で集まった寄付とを合わせて赤十字社へ義援金として送る。

広島東洋カープ は、マツダスタジアムで行われる
オープン戦 を、東日本大震災の被災者支援試合にすると発表。

たる募金(樽募金)を マツダスタジアムで実施し、
オープン戦の収益の一部と、樽募金で集まった寄付とを合わせて
東日本大震災の被災者のために、赤十字社へ義援金として送る。

たる募金 (樽募金)で広島から支援を!カープのオープン戦

たる募金 の「樽」は、ソフトバンクとのオープン戦が行われる
3月21日の11時30分から試合終了までの間、
マツダスタジアムの 正面ゲート前と、コンコースメインゲート、
ウッドデッキ席付近の3箇所に設置する。

試合前には、カープの選手も
たる募金へ協力を呼びかけるとのこと。

ads

たる募金 ( 樽募金 )と 広島カープの歴史

ちなみに、たる募金 ( 樽募金 )と 広島カープには、
こんな歴史があります。

広島カープ が設立されて間もない1950年、
いきなり経営難を迎えたカープ。

選手へのお給料が払えなくなった カープを
潰してはならない!と、広島総合球場の入り口に
募金用の樽(4斗樽)を2つ設置して募金を募ったことから
たる募金 がスタートした。

たる募金 と、広島カープの歴史
はだしのゲン コミックより (画像: たる募金 に協力するゲン)

たる募金 に、広島の市民らが協力してお金を出し合ったことで
かなりのお金が集まり、カープは窮地を救われたのだとか。

これをキッカケに、広島市民球場の老朽化が酷くなった時も
修繕費 または、新球場建設費の応援資金として、再び
たる募金 がスタートし、1億2500万円が集まったのだそう。

広島カープは設立当初から、本当に広島市民に
愛されていたんですね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP