強烈…!臭すぎる花、ゾウコンニャクの花が3日間限定で開花へ 広島市植物公園

ゾウコンニャク(象蒟蒻)の花が開花したと、広島市植物公園が2013年6月12日に発表しました。開花すると、痛烈な異臭を放つという困った花なのですが、非常に珍しい花な上に開花して3日間しか寿命がないということもあり、開花時期には毎年、多くの人が見に行くのだとか。

ゾウコンニャク(象蒟蒻)の花が開花したと、広島市植物公園が2013年6月12日に発表しました。ゾウコンニャクは、非常に珍しい花だそうで

日本国内では東山植物園(名古屋市)、福岡市植物園(福岡市)、富山県中央植物園(富山市)など、数例しか開花例のない珍しい植物。

強烈…!臭すぎる花、ゾウコンニャクの花が3日間限定で開花へ 広島市植物公園

開花すると、痛烈な異臭を放つという困った花なのですが、非常に珍しい花な上に開花して3日間しか寿命がないということもあり、開花時期には毎年、多くの人が見に行くのだとか。

広島市植物公園で開花したゾウコンニャクの球根は直径30cm、重さ5kg。なかなかの大きさですが、国内では世界最大の花・ショクダイオオコンニャク (燭台大蒟蒻)が小石川植物園(東京都文京区)で咲いた事もあり、この開花時にもかなり注目を浴びました。

広島県で見られる貴重な機会。開花は3日間だろうと言われていますので、興味のある方は、強烈な悪臭覚悟でお早めにお出かけください。

広島市植物公園
住所: 広島県広島市佐伯区倉重3丁目495
問合せ: 082-922-3600

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP