台風4号進路、本州上陸あるが 広島直撃の可能性は低い?

非常に強い勢力を持つ 台風4号が 2012年6月18日 夜には沖縄県本島が暴風域に入るとみられ、全日空などでは 沖縄方面への便の欠航を決めたそうです。気象庁の情報によれば、 沖縄県那覇市の南側にある台風4号は北へ向けて毎時25kmで進んでいるとのこと。進路としては 18日21時には那覇市、19日12頃には九州南部が暴風域に入る予想。

非常に強い勢力を持つ 台風4号が 2012年6月18日 夜には沖縄県本島が暴風域に入るとみられ、全日空などでは 沖縄方面への便の欠航を決めたそうです。

気象庁の情報によれば、 沖縄県那覇市の南側にある台風4号は北へ向けて毎時25kmで進んでいるとのこと。進路としては 18日21時には那覇市、19日12頃には九州南部が暴風域に入る予想。

台風4号進路、本州上陸あるが 広島直撃の可能性
Photo byjma.go.jp

この後、19日午後からは西日本から東日本の太平洋沿岸に接近、夜頃に近畿地方に接近すると 予想されています。

広島の19日の天気は今のところ(18日11時発表時) 台風4号と南からの暖かく湿った空気の影響から 雨や雷雨の予想となっていますが 広島への台風4号の直撃の可能性は低いのでは?と予測されています。

ただし、雨は各地で降り続くため大雨災害には十分にご注意を。また、気象状況の変化により 進路も変動する場合があるので大雨、強風への警戒をする必要がありそうです。

via 気象庁ホームページ
via tenki.jp

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP