三永水源地に藤棚の季節、開放期間は5月11日まで

東広島市の三永水源地(みながすいげんち)が2014年も3月21日から5月11日まで開放されています。藤棚には花が見られ、訪れる人も多くなっています

東広島市の三永水源地(みながすいげんち)が2014年も3月21日から5月11日まで開放されています。

三永水源地にはおよそ300mにわたる長い長い藤棚(ふじの花)が水源地の湖を囲むようにつくられており名所として知られています。

三永水源地に藤棚の季節、開放期間は5月11日まで
※2014年三永水源地藤棚の一部 @__ai_soradropx

近年ではその藤棚も“歳をとって花が少なくなった”として藤の木を増やしながら調整をが行われています。規模としては2014年の今年も大きくはないですが紫の花を携える木が多くなり、その様子を見に訪れる人も。

三永水源地(みながすいげんち) 画像2
Photo by @__ai_soradropx

西日本一!という長さを誇る三永水源地の藤棚、その規模が戻るにはまだまだ時間がかかりそうですがゆっくりと丈夫な木に育ってまた見事な景色を見せてほしいです。

また、水源地はこのほか緑と静かな湖が見渡せるスポット。晴れの暖かい日にはお弁当を持っていったり、ゆっくり散歩をしたりして楽しむとよさそう。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP