新幹線の発車メロディに「銀河鉄道999」広島駅・博多駅など5駅で

山陽新幹線 広島駅、岡山駅、博多駅、小倉駅、新神戸駅の5駅で、2016年3月より発車予告音が「銀河鉄道999」に変わります。

山陽新幹線の主要5駅の発車予告音に、ゴダイゴの「銀河鉄道999」が採用される。銀河鉄道999(スリーナイン)にちなみ3月9日から導入予定で、採用するのは広島駅、岡山駅、博多駅、小倉駅、新神戸駅。

新幹線の発車メロディに「銀河鉄道999」広島駅・博多駅など5駅で
銀河鉄道999

JR西日本がゴダイゴの「銀河鉄道999」のメロディが採用したのは、山陽新幹線全線開業40周年キャンペーンの1つ。

鉄道にゆかりのある曲で幅広い世代に愛され、旅立ちを連想させる曲でもあるため、発車予告音として相応しいメロディだという理由から選曲されました。

これまでは、5駅とも発車予告音はブザー音でしたが、「入線警告音」と「発車予告音」の音色を区別することで分かりやすくし、ホーム上の注意発起効果を高めるのが狙い。

広島県ではこのほか、JR呉駅にて「宇宙戦艦ヤマト」が、福山駅では「100万本のバラ」が、三原駅では「カモメの水兵さん」が接近メロディとして採用されています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP