広島メガソーラー、ビットアイルが竹原に建設!広島でも進む 太陽光発電事業

ITサービスを提供する企業、ビットアイル(株)が 広島県竹原市に大規模な 太陽光発電、広島メガソーラー事業 を開始することを2012年6月19日に 決定、発表しました。

ITサービスを提供する企業、ビットアイル(株)が 広島県竹原市に大規模な 太陽光発電、広島メガソーラー事業 を開始することを2012年6月19日に 決定、発表しました。

メガソーラー事業 とは 大規模な太陽光発電のことで、2010年頃から一般企業や自治体が建設する例が増えて来ていおり 2011年の原発事故を受け、さらに各地でメガソーラー建設に意欲を示す企業が増加したのだそうです。

広島メガソーラー、ビットアイルが竹原に建設
Photo by 株式会社 ビットアイル

ビットアイルの メガソーラー事業(広島メガソーラー)は 広島県と竹原市との間でかねてより検討を進めていたもので、竹原工業・流通団地(竹原市新庄町)に 1区画5億円をかけて建設。竣工は2013年2月とのこと。

広島メガソーラー は まずは上記のものからつくり、全3区画を建設する予定。

ads

広島のメガソーラーは、呉や尾道でも!

現在、広島県で稼働しているメガソーラーは 中国電力福山太陽光発電所(福山市箕沖町)のみですが 先日、尾道市百島(ももしま)の塩田跡地にメガソーラー建設計画が決定!このメガソーラーが年間で発電できる量は百島の全世帯の電力をまかなえるとして 2013年4月、百島は「100%自然エネルギーの島」 になる予定。

また、平清盛のロケ地となった 呉市安浦町では 県営産業団地に2014年1月からメガソーラー操業が開始する予定。

さらにソフトバンク孫社長が設立した 自然エネルギー財団では広島県にメガソーラー設置を予定しているとか。

次々と建設されていくメガソーラー、広島にも今後まだ増えて行きそうな予感です。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP