皆既月食 2014、広島でも淡い赤色の月を観測

皆既月食が2014年10月8日の夜、日本各地の広いエリアで観測されました。18時20分頃から徐々に月がかけはじめ、およそ1時間後の19時25分には月が隠れる皆既月食がスタート。

皆既月食が2014年10月8日の夜、日本各地の広いエリアで観測されました。18時20分頃から徐々に月がかけはじめ、およそ1時間後の19時25分には月が隠れる皆既月食がスタート。

皆既月食 2014、広島でも淡い赤色の月を観測

皆既月食が見られたのはそこからおよそ1時間ほどで、広島では淡く赤色に染まった月を観測することが出来ました。

国立天文台の発表によれば、今回の様に日本各地の広いエリアで皆既月食を観測できたのは、2011年12月以来。それぞれの地域の天候や大気中のチリ(塵)の多さなどによって、見える色や、色の濃さが異なって見えるとのこと。

ads

皆既月食 2014、月が徐々に消えて行く様子

以下の動画は、月が消えていく様子。

満月の月が上り始めた18時頃には、綺麗に黄色く輝く月の姿が。

満月に輝く10月8日の月

20分後には、月の左下側から徐々に月がかけはじめます。

皆既月食、月が欠け始める

ゆっくり1時間かけて、月が徐々に隠れて行きます。

皆既月食 半分まで月が欠けた様子

皆既月食 月がほぼ消えた

すっぽり影に入ると、淡く赤色に染まった月がおよそ1時間ほど観測できました。

皆既月食 2014、広島でも淡い赤色の月

次回、日本で皆既月食をみることができるのは、約半年後の2015年4月4日となります。また、今月22日にはオリオン座流星群がピークに。方角関係なく流星群を楽しめるとのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP