広島と防府のマツダ工場内を走る、マツダ駅伝大会 2016 開催

マツダ株式会社が毎年恒例の「マツダ駅伝大会」を2016年も開催。防府工場・広島本社工場のそれぞれ工場内がコースになる。またマツダミュージアムの特別開館も。

マツダが防府工場と広島本社工場の2会場で、恒例のマツダ駅伝大会を開催する。地域との交流を目的に開催されているこの駅伝大会は、2016年の開催で防府は23回目、本社工場は51回目の開催となっています。

広島と防府のマツダ工場内を走る、マツダ駅伝大会 2016 開催
イメージ

駅伝コースはそれぞれマツダ工場内で、外部からの参加が可能な「コミュニティの部」と、マツダ社員が参加する「社内の部」があり。各区間の走行距離は以下の予定となっています。

防府工場 (8区間 13.3Km)
本社工場 (7区間 16.3Km)
1区 2.6Km 1区 4.6Km
2区 2.0Km 2区 2.0Km
3区 0.8Km 3区 1.1km
4区 1.6Km 4区 1.4Km
5区 2.0Km 5区 3.0Km
6区 0.8Km 6区 2.0Km
7区 1.6Km 7区 2.2Km
8区 1.9Km なし

ads

マツダミュージアムも特別開館

マツダ駅伝大会の開催に合わせ、自動車企業博物館「マツダミュージアム」を特別開館。駅伝の参加者だけでなく、多くの人に足を運んでもらう機会としています。

マツダミュージアムとはマツダ株式会社が運営する自動車博物館で、ロータリー物語、ロードスター物語、RX-7物語、ファミリア物語など、懐かしい車から未来展示まで様々なマツダ車の展示が行われています。

また、マツダミュージアムやマツダスタジアムは、Googleストリートビューでも見学することができるようになっています。


マツダ駅伝大会は、防府工場(山口県防府市)が2016年2月21日、広島の本社工場では2016年3月6日に開催予定。駅伝への参加申し込みについては公式サイトでご確認を。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP