三井化学 岩国大竹工場 2回目爆発していた、放射能の影響なし 事故 被害などまとめ

4月22日 午前2時に起きた、三井化学 岩国大竹工場の爆発事故に関し 鎮圧されたかと思われていた レゾルシンプラントにて 同日午前8時頃、2度目の爆発が起きていたことがわかりました。

2012年4月22日 午前2時に起きた、三井化学 岩国大竹工場の爆発事故に関して前回の記事(22日7時15分)では「朝6時過ぎには黒煙も落ち着き、大きな炎はおさまった様子」としていましたが、その後の 午前8時5分に

レゾルシンプラントのタンクにて再び爆発が起きていたことが分かりました。三井化学 が22日19時時点で把握している今回の爆発事故の状況をまとめると、

三井化学 岩国大竹工場 2回目爆発していた
※ 爆発事故が起きる前の、三井化学 岩国大竹工場の様子

発生場所:山口県玖珂郡和木町和木6丁目1番2号(三井化学株式会社 岩国大竹工場 レゾルシンプラント)

レゾルシンとは:タイヤや木材接着剤などの原料

被害状況(人的被害):死亡1名(工場社員)、負傷21名(関連会社・近隣住民含め)

工場郊外への影響:工場外への有害物質漏洩なし。放射性物質を含む廃触媒の保管場所は 事故発生場所から500メートル離れた場所にあり、放射線量測定値は事故前・後で変化はなし。

ads

三井化学の今回の 爆発事故発生経緯など

爆発事故の発生経緯は

4月22日 2時15分頃:レゾルシンプラントで爆発火災が発生、サイメンプラント(接着剤などの原料、溶剤)配管ラックに延焼

8時5分頃:レゾルシンプラントのタンクで2度目の爆発

17時15分頃:全プラントの鎮圧を確認

三井化学 社長の田中氏は22日の夜に記者会見を行い、謝罪。操業再開は「相当先になる」とし、事故の原因究明と対策を講じるとしました。岩国大竹工場にある20以上のプラントは現在全て停止中。

なお、23日の午前に山口県警が三井化学岩国大竹工場の事務所に家宅捜索が入ったそうで、爆発したプラントの現場検証は24日に行うとのこと。

三井化学 岩国大竹工場はまた、2003年11月にも合成油製造装置で火災が起きているそう。この時は人的被害は出なかったそうですが、周辺住民では不安の声も広がっているようです。

今回の爆発事故で亡くなられた22歳社員(男性)の方のご冥福をお祈り申し上げます。

via 三井化学株式会社/岩国大竹工場における爆発・火災事故について

三井化学岩国大竹工場が爆発、2012年4月22日 深夜に爆音と共に炎上/動画あり

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP