広島中央フライトロード、空港大橋も 4月中旬に開通!空港 へのアクセスが便利に

広島県 が 県道事業として着手している広島中央フライトロード の 広島空港大橋を含む区間が2011年4月に開通することが分かりました!

広島県 が 県道事業として着手している
広島中央フライトロードの 広島空港大橋を含む区間が
2011年4月に開通することが分かりました!

尾道松江線から、広島空港へのアクセスを良くする為の
広島中央フライトロード は、山陽自動車道 河内IC (こうちインター)と
先日開通した 中国横断自動車道 世羅IC とを結ぶ架け橋となります。

広島中央フライロード、空港大橋も4月中旬に開通

広島中央フライトロード の2011年4月に開通する部分は、
ちょうど半分の位置となる、広島空港 から 三原市大和町まで。

地場産業や観光などの促進の為に整備・調査がすでに
1992年頃からスタートしており、待ちに待った開通がやっと迫ってきました。

ads

開通が待ち遠しい!空港大橋が共用開始を待っている

この区間が開通することで大和町から
広島空港までのアクセスは約20分短縮され、22分ほどで到着!

また、開通する区間の中には
広島空港大橋 も含まれていて、完成すれば「日本最大級」とも
呼ばれるほど大きな規模のアーチ橋になるといいます!

広島中央フライトロード 空港大橋も
Photo by Carpkazu

確かに、山から山へと渡される
建設中のあの橋を見ると遠くからでもその大きさが分かります。

広島中央フライトロードに関する事業費は
約630億円とも言われ、そのビックプロジェクトの
開通が今か今かと待ち望まれています。

広島中央フライトロード について

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP