宇宙ごみ、漁網を使って除去!広島県 日東製網とJAXAで形に

宇宙に散らばるゴミ(人工衛星の残骸など) 宇宙ごみの問題を、JAXA ( ジャクサ:宇宙航空研究開発機構 )と 日東製網 (広島県の老舗漁網メーカー)がタッグを組み、解決させるための開発が進められています!宇宙ゴミは、テザーと呼ばれる網で集めて大気圏で

宇宙に散らばるゴミ(人工衛星の残骸など)が増え続けて
問題になっていた 宇宙ごみを、

JAXA ( ジャクサ:宇宙航空研究開発機構 )
日東製網 (広島県福山市の老舗漁網メーカー)がタッグを組み、
解決させるための開発が進められています!

宇宙ゴミ を除去する方法は、
日東製網 が作る特殊な 網(テザー)で集めて大気圏で燃やそうというもの。

宇宙ごみ、魚網を使って除去!広島県 日当製網とJAXA
画像はイメージ pnoto by NASA Goddard

日東製網株式会社は、無結節網(むけっせつあみ)という
結び目なし・切れにくい丈夫な網の製造機を世界で初めて発明した会社。

無結節網(むけっせつあみ)は、畳んでも嵩張らず
軽いのに切れにくく、丈夫という画期的な網で
国内シェアも半分を占めています。

ads

実績に目をつけたJAXAが、日東製網にオファー

この実績に目を付けた JAXAが、宇宙ごみ を除去するための
「電流が流せる網を作ってほしい」と、日東製網に依頼。

この依頼を受けて 日東製網が研究を重ね
テザーと呼ばれる、アルミワイヤとステンレス繊維を
組みあわせた網を開発したのだそうです。

電流が流せる網 は、地球の磁場と影響しあうため
徐々に高度を下げることが出来、
捕獲した宇宙ゴミを大気圏に持ち込んで燃やすことが出来る。

こうすることで、宇宙ごみ を燃やすための燃料も不要で
効率的にゴミを移動させることが可能なのだそう。

ロケットで打ち上げ、実用化されるのはもう少し先になりそうですが
宇宙を綺麗にする活動に、広島の会社が携わっているなんて
なんだか誇らしく嬉しい気持ちになりますね!

宇宙ごみを漁網で一網打尽 広島の老舗とJAXA開発中

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP