ベビーカー利用 全路線OKに!広電バスが広島県で初

広電バスが、ベビーカーの利用方法を変更する。ツーステップ旧型車両でもベビーカーをそのままで乗せることが可能になった。広電バスはすべての路線バスでベビーカーの使用をOKとする

広電バスが、ベビーカーの利用方法を変更する。これまでも、広島市中心部のノンステップバスやワンステップバスではベビーカーを折り畳まずに利用出来ていたが、ツーステップ旧型車両でもベビーカーをそのままで乗せることが可能になった。

ベビーカー利用OKに!広電バスが広島県で初

今回の変更により、広電バスはすべての路線バスでベビーカーの使用をOKとし、子育てしやすい環境を応援していく。

バスの中で通路が広い場所にピンク色のステッカーを貼り、ベビーカーを固定できるスペースを分かりやすく表示する。車両により多少場所が異なるが、乗車口付近がベビーカーの固定位置となっている場合が多いとのこと。

また、運転席の後ろにベビーカー用の固定用補助ベルトも用意してあり、ベビーカーと座席の取っ手やパイプなどを繋いで固定することが出来る。

現在、順次車両への対応を行っており、ほとんどの車両が9月中には利用可能となる見込み。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP