賀茂鶴の酒粕あんぱん タカキベーカリーのお茶菓子PANシリーズ食べてみた

東広島のお酒・賀茂鶴とのコラボで誕生した「賀茂鶴の酒粕あんぱん」が、タカキベーカリーから発売されています

タカキベーカリー が「おやつやティータイムに楽しんでほしい」と展開するお茶菓子PAN。小ぶりで女性にも食べやすく、上質なパン…というコンセプトで作られているお菓子パンシリーズです。

このお菓子PANから、2011年の元旦から発売されたのが、東広島のお酒・賀茂鶴とのコラボで誕生した「賀茂鶴の酒粕あんぱん」。

賀茂鶴の酒粕あんぱん タカキベーカリー

酒粕あんぱんは ピュアークックやユアーズなど、地元のスーパーで取り扱われています。以下の写真でタカキベーカリー(TAKAKI BAKERY)のコーナーが設けられていたのは ピュアークック。

賀茂鶴の酒粕あんぱん タカキベーカリー

お茶菓子PANシリーズはNYチーズケーキデニッシュやカフェラテ&生チョコなど「スイーツ」としてのパンと一緒に、愛媛産柚子&はちみつ沖縄産黒糖とクルミ など、西日本地域の特産を使用したパンも展開されていました。

どれも美味しそうですが、今回は賀茂鶴の酒粕あんぱんを頂いてみます!

ads

あんぱんと相性のいい酒粕

賀茂鶴の酒粕あんぱんは、石臼挽き小麦や自家製発酵種などのこだわりの素材を使っているとあって、小ぶりでちょっとお高め。パッケージには一緒に頂く飲み物のオススメが書いてあります。

賀茂鶴の酒粕あんぱん 食べてみた

手のひらサイズの酒粕あんぱんを割ってみると…

タカキベーカリーから賀茂鶴の酒粕あんぱん

トロリとしたあんこがお目見え。

食べるとふわっと口の中で広がる酒粕の香り。酒粕が少し苦手な筆者でも美味しく頂くことが出来ました。

あんこ×酒粕 の組み合わせは意外にもマッチしていて、このトロリとしたあんこに酒かすが入っているのかと思いきや、「酒粕 の香りがほんのりと口に広がるように生地と酒粕の配合に工夫をこらしました」と解説があり、酒粕は生地の方に練り込まれているようです。

酒粕が口の中でふわ~っと広がるので、酒粕あんぱんを食べた後の運転で「飲酒運転」にならないのか?運転を控えている場合はちょっぴり心配。ホームページ上にはこの点に関する記載はなかった為、

酒粕あんぱんを食べた後の運転が飲酒運転になるかは不明ですが、念のため、運転前は控えたほうがいいのかもしれません。賀茂鶴の酒粕あんぱんの販売は1月から3月までの期間限定、西日本限定の「限定発売」。気になる方は是非、運転しない日にお試しを。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP