カープを熱烈応援 スタンプ

広島も 梅雨入り、中国から関東甲信まで続々

広島をはじめ、中国地方・近畿・東海・関東甲信エリアが2017年6月7日に梅雨入りしたと気象庁が発表しました。

2017年6月7日、気象庁は中国地方をはじめ、近畿・東海・関東甲信までの範囲が梅雨入りしたと発表しました。

広島も 梅雨入り、中国から関東甲信まで続々
※画像はイメージ

九州全域・山口県は6月6日、昨日に梅雨入り宣言されましたが、1日遅れての梅雨入り宣言。

広島(中国地方)は昨年より3日遅い梅雨入りとなり、これから約1か月半、雨やくもりが続く季節がはじまります(例年の梅雨期間)。

気象庁によると、広島では7日は雨、8日・9日は曇りのち晴れなど一時天気は持ち直す予報となっていますが、気圧の谷や前線の影響から、曇りや雨の日が多くなる見込み。(6月7日10時35分 広島地方気象台発表の予報による)

これから本格的な梅雨の季節に向け、土砂災害などの自然災害にも注意が必要です。

雨が降ったらココで遊ぶ!広島雨の日ガイド

ads

LINEでこのページを送る

広島スタンプ

2017.06.07 11:33 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

PAGE TOP