走るATM!もみじ銀行から「カープV号」移動店舗車が登場

カープV号が2017年2月から出動する。「カープV号」は もみじ銀行が走る移動店舗車として導入したもので、イベント会場や商業施設・被災地などで活躍する予定。

広島市に本店を置く地方銀行「もみじ銀行」が、YMFG設立10周年を記念して移動店舗「カープV号」を導入すると発表しました。

走るATM!もみじ銀行から「カープV号」移動店舗車が登場
カープV号完成予想図(横面)

この「カープV号」はマツダ製の3トントラックを使用。広島カープの常勝と地域の発展に願いを込め、車体の外観はカープとコラボしカープ坊やをデザイン。赤と白のツートンカラーの車体にカープ坊やが大きく描かれた、とても目立つ移動店舗となっています。

もみじ銀行の移動ATM、カープV号
カープV号完成予想図(横面)

車内にはATM(現金自動預払機)や窓口カウンターを設け、窓口業務に必要な機器も搭載。地元・広島で開催される様々なイベント会場や商業施設などに出動する予定。

また、災害発生時には被災地でATMサービスなど金融機能を提供するとのこと。

カープV号の導入は、2017年2月頃の予定で利用時間は9時~15時まで。出動先や取扱可能業務については、もみじ銀行のホームページなどで告知される。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP