JR西日本、豪華寝台列車が2017年から!世界でも珍しい1両1室の贅沢客室も

2017年からの運行を目指すJR西日本の豪華寝台列車の概要が発表。豪華寝台列車の外観は緑色に統一され、テーマは走るホテル。京阪神と山陰・山陽エリアでの運行を予定

2017年からの運行を目指す、JR西日本の豪華寝台列車の概要が発表されました。豪華寝台列車の外観は緑色に統一されたシンプルなもの(変更になる場合もあり)で、テーマは走るホテル。

JR西日本、豪華寝台列車が2017から!世界でも珍しい1両1室の贅沢客室も
photo by JR西日本

「美しい日本をホテルが走る 上質さの中に懐かしさを」

というコンセプトをもとに、瀬戸内海多島美や日本海などの美しい景色を堪能できる京阪神と山陰・山陽エリアでの運行を予定しているとのこと。

豪華寝台列車は10両編成の予定で、客室や食堂、ラウンジ、展望スペースなどを持ち、動力はディーゼル発電機の電力とバッテリーのアシストによるモーター駆動のハイブリッド方式を採用。

豪華寝台列車の外観デザイン(エクステリア)は、新幹線N700系などを手掛ける福田哲夫氏が、内装デザイン(インテリア)は建築家・インテリアデザイナーの浦一也氏が担当する。

列車の名前はまだ決定していないようですが、料金はJR九州の「ななつ星」より安くしたい考えとのこと。

ads

上質な動くホテルで車窓から流れる景色を眺めて

JR西日本が公開した豪華寝台列車のイメージ図(1両1室の客室例)は以下の通り。

JR西日本 豪華寝台列車のリビング

リビングは、ゆったりしたソファーが2つ置かれたくつろぎスペース。

視界の広い客室 豪華寝台列車

視界が広く、明るいリビングは開放的な空間(タイプ別)。

豪華寝台列車 バスルーム

広々としたホテルのような豪華で本格的なバスルームなど。この他に、寝室、プライベートバルコニー付きのエントランスなども。

インテリアは、ノスタルジック・モダンのテイストで上質さと落ち着きのある「上質さの中の懐かしさ」をテーマに内装をイメージ。沿線の素材を盛り込んだ食事を頂く事もできる。また、食事はフードコラムニストの門上武司さんが担当。

運行開始は2017年の春を目指しており、定員は30名程度となっています。

広島県内では、気軽にリゾート気分を味わえる電車として瀬戸内マリンビューが呉線で走行していますが、今回のJR西日本が発表した列車は1両1室など本格的に上質な電車の旅を贅沢に味わうもの。

ちがった角度から見る中国・関西エリアの景色から、新たな魅力が発見できるかも?

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP