JR可部線に河戸帆待川駅・あき亀山駅、山陽本線に寺家駅が2017年に誕生!

広島県で2017年春に開業予定の可部線電化延伸部分の2駅は河戸帆待川駅・あき亀山駅となり、山陽線の西条~八本松の中間にできる駅名が寺家駅に決定したとJRが発表しました。

JR可部線で工事が進められている電化延伸区間約1.6kmに新設される中間駅と終着駅の駅名が、2016年7月8日に発表されました。

JR可部線に河戸帆待川駅・あき亀山駅、山陽本線に寺家駅が2017年に誕生!

可部駅と可部線終着駅の間にできる中間駅が「河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅」、終着駅が「あき亀山駅」となります。

駅舎は環境に配慮し、自然光や風を十分に取り入れる設計。また、過去の発表によると地域の情報発信ができるような掲示板設置も検討されています。

ads

広島県に、新たなJR3駅が誕生へ

可部線では平成15年(2003年)に、可部駅~三段峡間が廃止となりましたが、沿線の宅地開発が進み地元からも復活の強い要望があったことを受けて電化延伸を決定。廃止路線の復活は初の試みとなりました。その一部がいよいよ復活します。

可部線延伸と寺家駅位置関係マップ
様々なプロジェクト工事を実施中/westjr.co.jp

さらに、山陽線の西条と八本松の中間に位置する寺家地区には、新駅「寺家(じけ)駅」を設置。

JR山陽本線・寺家駅が2017年に誕生!

広島県に誕生するJR3駅はいずれも、平成29年(2017年)春の開業予定となっています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP