JR可部線 あき亀山駅、山陽線 寺家駅が2017年3月4日開業

可部線の河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅とあき亀山駅、山陽本線の寺家(じけ)駅が2017年3月4日に開業することが決定。さらに他の路線や新幹線のダイヤ改正でより便利に

2017年3月4日、JR西日本は平成29年春のダイヤ改正に合わせて、可部駅~あき亀山駅間(可部線延伸部分)と、寺家駅(山陽線)の開業を発表しました。

JR可部線 あき亀山駅、山陽線 寺家駅が2017年3月4日開業
画像はイメージ。山陽線・可部線に2015年から大量投入された新型車両

JR可部線は、横川駅(広島市西区)から可部駅(広島市安佐北区)を繋ぐ路線。可部駅から先(三段峡方面)は2003年に廃止となりましたが、

電化延伸により「河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅」と「あき亀山駅」の2駅が新設されます。可部駅の構内を横断する自由通路も完成しています。

また山陽線では八本松駅~西条駅の間に「寺家(じけ)駅」が誕生(東広島市)し郊外のJR利用が便利に。

ダイヤ改正では、広島駅が始発の新幹線「さくら」の時刻繰り上げ、臨時「みずほ」の運転頻度が増加、在来・芸備線の土休日の快速列車・普通列車増便などが予定されています。

ads

LINEでこのページを送る

2016.12.21 11:37 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

PAGE TOP