三原駅に「置くとパス」、山口では「滑らサンド」など受験応援グッズを駅で配布

JR三原駅では2015年1月9日から受験生を応援する「オクトパスコーナー(置くとパス)」を設置。祈祷済のタコの絵柄が入った絵馬の配布などが行われます。山口など県外の駅でも合格祈願グッズの配布あり。

JR三原駅で2015年1月9日から、受験生応援「オクトパスコーナー」が今年も設置される事がわかりました。

三原駅に「置くとパス」、山口では「滑らサンド」など受験応援グッズを駅で配布

安佐動物公園(広島市安佐北区)では木登りが上手なレッサーパンダの “うん”を混ぜ込んだ合格しおりが12月から発売されましたが、

三原市ではタコの町、という事にちなんでJR三原駅にて毎年 オクトパス(置くとパス)にかけた絵馬の配布や大タコ像の設置が行われています。

置くとパス絵馬 画像

普段は新幹線改札口で利用者のお見送り・お出迎えをしている大タコ像ですが、この時期だけは駅1階コンコースに移動。願掛けをする受験生やその家族などを温かく見守ります。

オクトパス(置くとパス)絵馬は机に置いても邪魔にならない厚手の紙タイプ。これが好評のようで、例年よりも増刷した昨年に引き続き8000枚を用意し配布するそうです。

大タコ像と絵馬はどちらも三原市内の神社で祈願済みとのこと。

ads

各地のJR駅でも合格祈願グッズ配布

JRでは三原駅以外でも合格祈願グッズを毎年数量限定で配布。

お隣山口県ではSLの砂「滑らサンド(Sand)」を1000個限定で配布。観光列車として人気の高いSLやまぐちは 山口線最大の難所とされる仁保~篠目間の急こう配を駆けあがる時に最大の力を発揮。この時に車輪の空転を防ぎ滑らないよう踏ん張りながら前に進むために撒く砂を受験生にも配るのだそうです。

さらに学業成就で有名な防府天満宮(山口県)で合格祈願のお祓いを受けているそう。

山口での配布駅、数量は以下▼

新山口駅(500個)、山口駅(150個)、湯田温泉駅(100個)、津和野駅(100個)、宇部駅(50個)、小野田駅(50個)、宇部新川駅(50個)
※各駅のみどりの窓口に用意、1月1日から配布開始でなくなり次第終了。

また、関西本線の3駅(奈良駅、王寺駅、伊賀上野駅)でも同じようにかつて関西線を走ったSLの車輪が空転しないように撒いた「すべり止めの砂」を配布。こちらは今年で3回目で、見事志望校に合格した先輩から返ってきたという縁起のいい砂を混ぜ込み奈良県内の神社で祈祷しているという。

配布日時・箇所は以下▼

・王寺駅(中央改札付近)1月9日7時から19時30分
・奈良駅(改札付近)1月9日7時から19時30分
・伊賀上野駅(改札付近)1月9日7時から21時30分

いよいよ受験シーズンも本格化。頑張る受験生が本番でしっかりと力を発揮できますように。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP