災害で迷子犬になってからでは遅い!飼い犬登録・注射済票の装着OK?

飼い犬への飼い犬登録・注射済票の装着はお済ですか?災害で迷子犬になってからでは遅い!いくつかのポイントをご紹介

広島市では、8月20日に起きた豪雨災害の関連で行方不明になり保護されたペットの情報をホームページで公開し、飼い主の元へ帰れるようにと働きかけています。

その中に、特に犬の飼い主さんたちへの注意があったのでご紹介します。

災害で迷子犬になってからでは遅い!飼い犬登録・注射済票の装着OK?

犬を飼う場合は以下の事が法律により義務付けられています。
(1)居住する市区町村に飼い犬を登録する
(2)飼い犬に年1階の狂犬病予防注射を受けさせる
(3)犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着する

今回注目するのは登録した際にに交付される「鑑札」で、これには登録番号が記載される。これを愛犬に装着しておけば、たとえ飼い犬が迷子になっても鑑札から飼い主を割り出すことができ、飼い主さんの元へ帰してあげることが可能になる。

今回、災害で保護されたペットは犬がほとんどで、8月24日現在で飼い主が見つからない犬は1匹。その他は無事に飼い主が見つかり引き取られたようです。

災害でペットが行方不明になっている場合や現在保護されている犬に心当たりがある場合は広島市動物管理センター(082-243-6058)までお問い合わせを。

また、犬を飼っていらっしゃる方は上記がすべて満たされているかどうか?を確認し、「もしも」の時のために首輪などに鑑札を装着しましょう。

鑑札は各自治体によって様式が異なるため、厚生労働省の「鑑札・済票の様式」ページを参考にご覧ください。(広島市8・20豪雨災害関連で保護したペットの情報は広島市へ)

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP