広島ボールパークタウン、マツダスタジアムを囲み完成予定は2012年

広島ボールパークタウン 計画が、2012年12月のオープンに向け本格的に動き出します。広島ボールパークタウン はマツダスタジアム周辺の空き地に建設され、ホテルや分譲マンション、コストコやスポーツクラブ・ルネッサンスなどが入り、2012年12月 完成予定。

広島ボールパークタウン 計画が、2012年12月のオープンに向け
本格的に動き出すようです。

広島市が「(ヤード跡地)選考結果報告書」で発表した
広島ボールパークタウン 計画の新たな概略によれば、
以下の図のようなイメージ図に基づき工事が進められる予定。

広島ボールパークタウン 概要発表!
広島市が公表した 広島ボールパークタウンの完成イメージ

予定されている内容によれば、
マツダスタジアムの駐車場、ボールパーク用駐車場、
大型スポーツ店、ショップやレストラン、スポーツクラブ(ルネッサンス)

複合レジャー施設、大型ショッピングセンターの コストコ(COSTCO)
ホテルや分譲マンションなども予定されています。

ads

広島ボールパークタウン、建設予定地はマツダスタジアムの東西に広がる広大な敷地

広島ボールパークタウン の建設地となるのは、
マツダスタジアムの東と西側に広がる、広大な空き地。

広島ボールパークタウン の場所 地図

広さはおよそ、4.4ヘクタールあり
球場(マツダスタジアム)と周辺の住宅や商業施設などを
一体化させることで、広島駅周辺のさらなる賑わいを目指します。

手がけるのは、三井不動産で総事業費は約160億円。
以下の 完成予想イメージ図には観覧車もチラリと見えますが
にぎわい作りの1つとして、西側にアミューズメント施設の建設も
目指しているのだとか。

広島ボールパークタウン 完成予想図
ヤード跡地集客施設等整備事業予定者選考結果報告書

広島市といえばこれまで、主な賑わいの場であったのは
旧市民球場や百貨店などのある紙屋町周辺や
ショッピング施設や飲食店の多い八丁堀周辺などといった、
広島駅から少し離れた場所にありましたが、

広島ボールパークタウン の完成と、広島駅北口にも広がる
駅前再開発事業によって、これまで賑わいの足りなかった
広島駅周辺が盛り上がりそうですね。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP