備北丘陵公園のマスコットキャラクターは、ひばお率いる「架空の動物」一家

庄原市にある、備北丘陵公園。ここのマスコットキャラクターは、以下の4頭(匹?)の動物たち。クマの一家っぽくも見えますが、備北丘陵公園の解説によると架空の動物 という設定なんだそうです。

庄原市にある、備北丘陵公園。ここのマスコットキャラクターは
以下の4頭(匹?)の動物たち。

備北丘陵公園のマスコットキャラクターは、ひばお率いる「架空の動物」一家

クマの一家っぽくも見えますが、備北丘陵公園の解説によると
架空の動物 という設定なんだそうです。

ちなみに、「ひばお」というのはお父さんの名前で、
お母さんが「さと」、娘が「はな」、息子が「きゅう」というらしい。

備北丘陵公園 キャラクター

園内には、ひばお一家の着ぐるみ(や、巨大なぬいぐるみ)も
所々で飾ってあったり出没するようで、
これがイラストよりもさらにユル~い仕上がりになっています。

ads

備北丘陵公園のキャラクター、ひばお一家のお役目とは?

マスコットキャラクターということで、イベントなどには
着ぐるみが登場するのはもちろん、園内でもあちこちに描かれています。

たとえば、コスモス祭りのシーズンには
コスモス号の顔になってみたり、

備北公園のキャラクター

園内にある遊具の説明をしてくれたり。

ひばお、遊具の説明をする

ちなみに、備北丘陵公園は「国営」だからか、
高速道路の庄原インターチェンジの手前には、このキャラクター一家の
巨大看板がドーンと設置されていて、

「丘陵公園へは次のインターで降りてね」 的な案内が
デカデカと出ていました。さすが国営~!

備北丘陵公園に関する、その他の話題

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP