まいにち、パン。広島アンデルセン 名誉マイスターに学ぶパン作り本が発売

広島アンデルセンのベーキングスクール名誉校長 兼 アンデルセングループの技術顧問を務める城田幸信(しろたゆきのぶ)さんの著書、まいにち、パン。が2014年4月11日に発売されました。

広島アンデルセンのベーキングスクール名誉校長 兼 アンデルセングループの技術顧問を務める城田幸信(しろたゆきのぶ)さんの著書、

まいにち、パン。が2014年4月11日に発売されました。

まいにち、パン。広島アンデルセン 名誉マイスターに学ぶパン作り本が発売

[アンデルセンに関するこのほかの話題]

まいにち、パン。は日本初特許取得の冷凍パン開発秘話や、北広島にあるアンデルセン芸北100年農場でのパン職人育成、そしてテーブルロールやカンパーニュなど
アンデルセンの基本的なパンの作り方が1冊にまとめられたもの。

アンデルセンといえば、広島アンデルセン(広島市中区本通り)被爆建物が取り壊され、大規模改修されるというニュースが話題ですが、1962年に発売されたアンデルセンのデニッシュペストリーは今もなお日本中で愛される商品。

そんな商品を守り続けてきた名誉マイスターのパンにかける思いや秘話が写真と共に紹介されています。

広島アンデルセン・青山アンデルセンでは、この「まいにち、パン。」の出版を記念してミニペストリーが数量限定でプレゼントされるそうです。アンデルセンファンの方、要チェックです。

まいにち、パン。/城田幸信 著

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP