ジップライン、森の中を飛ぶ!夏の新アクティビティが広島で

いつもなら春から閉鎖されるスキー場で、新しいアクティビティが広まりをみせています。それが ジップライン(ZIPLINE)!サイオトや恐羅漢にて

いつもなら春から閉鎖されるスキー場で、新しいアクティビティが広まりをみせています。それが ジップライン(ZIPLINE)!

ジップラインとは、森の中に張ったワイヤーを、滑車を使って滑り降りる!というスリルあるアクティビティ。海外ではすでにおなじみのようです。

ジップライン、森の中を飛ぶ!夏の新アクティビティが広島で
※画像はイメージ Photo by Shreveport-Bossier:Louisiana’s Other Side

鳥のように風をきって森の中を飛びながら駆け抜けるジップライン。スキー場は“傾斜があって、なおかつ人が出入りしやすい森”という条件がそろったスポットのため、広島では

恐羅漢スキー場(恐羅漢エコロジーキャンプ場)やユートピアサイオトが昨年から導入。2014年は気温も上がり暖かくなってきた5月頃からオープンしています。(冬はスキー場営業のため、ジップラインは秋ごろまでの営業)

ads

ジップライン利用条件と利用イメージ

夏のアクティビティとして注目が高まってきているジップライン、身長120cm以上/体重25kg以上という条件をクリアした人が対象となり、こどもから大人まで楽しめる。

ガイドさんがエスコートして「ジップラインのいろは」を教えてくれるので安心です。利用料金やお申込みについては各施設のホームページをご確認ください。※要予約(恐羅漢エコロジーキャンプ場ユートピアサイオト)

▼以下は、ユートピアサイオトが公開している利用イメージ動画

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP