広島県の究極のガイドブック、表紙を飾るのは広島出身のアノ人!

広島県が先日、「広島県はおいしくなったので」と、その観光キャンペーンの周辺をゆるーくお知らせしていましたが 次なる一手は「究極のガイドブック」をリリースするという。表紙を飾る 広島県出身のアーティストとは一体?

有吉広島県観光大使が発表した、「おしい!広島県」で県外からの注目を集めた広島県。先日、「広島県はおいしくなったので」と、その観光キャンペーンの終焉をゆるーくお知らせしていましたが

次なる一手は「究極のガイドブック」をリリースするという。

広島県の究極のガイドブック、表紙を飾るのは広島出身のアノ人!

この究極のガイドブック、中身もさることながら表紙が謎に包まれていて「広島県出身のアーティストが表紙を飾ります」と予告。

これが一体誰なのか?そして「究極のガイドブック」って一体どんな内容になるのか?その謎は1週間後の7月14日に東京都内で行われる記者会見で湯崎広島県知事が発表する事になっています。

広島県出身の有名人は他の記事でもご紹介した通り、非常に沢山の方が多方面で活躍されています。その中の“アーティスト”というカテゴリーに絞ったとしてもかなりの人数(グループ数)。

矢沢永吉、浜田省吾奥田民生、Perfume(パフューム)、ポルノグラフィティ、世羅公則、西条秀樹、城みちる、堂珍嘉邦、吉川晃司デーモン小暮閣下、島谷ひとみ、JUJU…などなどビックネームが連なります。

高知県は広末涼子さん、香川県は要潤さんが「県の顔」になっていますが、誰が彼らに対抗し、広島県の広告塔となって他県にアピールしてくれるのか?期待が高まります。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP