ドラマ ワカコ酒で広島ロケ、定番・穴場グルメが登場

グルメ漫画 ワカコ酒の実写ドラマで、3月に広島が舞台となる回が放送される事がわかりました。原作者は広島市出身・在住の漫画家 新久千映さん。

2015年1月からBSジャパンとRCCにて放送がはじまった深夜ドラマ「ワカコ酒」。広島市出身・在住の漫画家、新久千映(しんきゅう ちえ)さんが原作のこの作品では、実際に広島のお店が登場します。

ドラマ ワカコ酒で広島ロケ、定番・穴場グルメが登場
Photo by cinemart.co.jp/wakako_zake

ワカコ酒は、酒呑みの舌を持って生まれた26歳のOL・ワカコが様々な場所をさすらい、女のひとり酒を堪能するグルメ漫画。ドラマでは武田梨奈さんがワカコを演じ、毎回 美味しい一人酒が展開されます。

広島市によると、広島ロケ広島駅や平和公園などでも行われ、グルメだけでなく町並みも劇中に登場。定番のお好み焼きから 地元ならではの海産物を使った名物料理、知る人ぞ知る穴場の隠れグルメにも出会える内容になるとか。(詳細は未発表)

広島が登場するのは、【BSジャパン 3月12日23時30分から/RCC 3月19日25時8分から】の放送にて。

また、ドラマに登場した店は「今週のすぺしゃるなお店と一品」のページにて紹介されるので、こちらをチェック。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP