バーバパパの起き上がり小法師、広島平和公園の折鶴の再生紙で

何度倒しても起き上がってくるバーバパパ。この可愛い起き上がり小法師は、広島平和公園の折鶴の再生パルプで作られたもの。売上の一部は原爆ドームや東日本大震災の支援金として寄付されます。

ピンク色の可愛い「バーバパパの起き上がり小法師」が、広島平和公園に寄贈されていた折鶴をリサイクルして作られた。

バーバパパの起き上がり小法師、広島平和公園の折鶴の再生紙で

「起き上がり小法師」とは福島県会津地方の郷土民芸品で、何度倒しても起き上がることから「七転び八起き」を意味する縁起物。折鶴の再生パルプを一部使用して、福島県の工房にて1つ1つ絵付師が丁寧に絵付けした。

バーバパパの起き上がり小法師、売り上げは原爆ドームや東日本大震災に寄付する

バーバパパの起き上がり小法師は、Sサイズ(1200円)、Mサイズ(2600円)、Lサイズ(3800円)の3サイズを販売。

売り上げの一部は、広島市の原爆ドーム保存事業基金や、福島県の東日本大震災子供支援基金に寄付されるとのこと。広島での取り扱いは、輸入生活雑貨PLAZAのプラザ広島店(アクア広島センター街2F)にて販売中。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP