吉本と広島ホームテレビがコラボ!広島発信映画「ファーストアルバム」

広島出身者や広島で活躍する人がキャストの広島発信映画「ファーストアルバム」を、吉本興業と広島市・ホームテレビが共同制作する。初公開は沖縄国際映画祭にて。

広島市の魅力を発信する映画の制作が動き出した。これは、広島ホームテレビと広島観光コンベンションビューローが、吉本興業のバックアップのもと制作していくもの。

映画「ファーストアルバム」は、広島市を舞台に、とある少女が家族や街・地域の人と向き合いながら “自分の居場所” を見つけ、新たな一歩を踏み出す物語。

吉本と広島ホームテレビがコラボ!広島発信映画「ファーストアルバム」
提供:広島ホームテレビ

映画 ファーストアルバム のキャストは、石野理子(アイドルネッサンス)、シソンヌ、西村真二(ラフレクラン)、葛馬史奈(アンジュビオレ)、フリータイムほか。

いずれも広島出身者や広島で活躍する面々となっています。広島在住のアイドル 石野理子さんが、本作の主演を務める。

ads

映画「ファーストアルバム」、沖縄国際映画祭でメインプログラムとして上映も

映画「ファーストアルバム」のメガホンを握るのは、乃木坂46のPVも手がける頃安祐良(ころやすゆうすけ)監督。映画がクランクインし記者発表が行われた2016年1月26日、監督は以下のようにコメント。

「石野理子さん・シソンヌさん主演で、どんな映画にしようかと考えていました。広島は、平和の象徴の街であり、また音楽の街だと思います。歌をフューチャーした作品としたく、「ファーストアルバム」と名付けました。なんとか面白い作品にしたいと思います!

また、主演の石野理子さんは

映画の出演は2回目。頃安監督とお仕事をご一緒させていただくのも2回目。とても楽しみにしていました。この映画を通じて、広島のよさを魅せたいですし、また、しっかり音楽のよさも伝えていきたい思いで一杯です。

と挨拶しました。

映画 ファーストアルバムの一場面
記者発表の様子

地域発信型映画として製作されるこの作品は、2016年4月21日~24日に沖縄県で行われる「島ぜんぶでおーきな祭!第8回沖縄国際映画祭」で上映される事が決まっています。

この映画祭は吉本興業グループが開催するもので、沖縄の隅々までの魅力を日本や世界に届けるというテーマで毎年開催されています。

“地域のひとの手で地元愛を映画で発信する”というコンセプトのもと、昨年は全国15地域で映画が制作されたとのこと。

映画「ファーストアルバム」 あらすじ

歌が好きな少女、樹(いつき)は、自分の居場所を見つけられずにいた。毎日見る広島の景色の中に、自分だけが浮いているような気持ちだった。

けれど、あるきっかけで彼女は初めて自分の心と、家族と、広島の街と向き合う。やさしい人たちの心に触れ、美しい広島の街並みの中で、少女が第一歩を踏み出す一日を描く物語。

著名なミュージシャンを多く輩出している音楽の街、広島。新しい歌が、ここからまた生まれる。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP