広島汁なし担担麺、チルドを全国発売へ

広島汁なし担担麺が、マルちゃんからチルド商品として登場。東洋水産が「ニッポンのうまい!ラーメン」として、各地の美味しいご当地グルメを選びシリーズ化して販売しているもの。

東洋水産のマルちゃん「ニッポンのうまい!ラーメン」シリーズから、広島汁なし担担麺 が2016年2月19日より全国発売がスタート。

広島汁なし担担麺、チルドを全国発売へ

広島のご当地B級グルメとして人気の汁なし担担麺の味が、チルド商品となって全国で手軽に味わえるようになりました。

パッケージに描かれているのは、汁なし担担麺のキャラクター「汁なしパンダ担担」。

汁なしパンダ担担、汁なし担々麺のキャラクター
汁なしパンダ 坦坦

この商品は、東洋水産の開発担当者が、実際に広島の人気店を食べ歩いて試作したものを「広島汁なし担担麺推進委員会」のメンバーなどが試食し、改良を重ねて作られたもの。

ひき肉入りの辛みそとスープも付いていて、2人前で480円(税別)となっています。

ads

たった1分ですぐ美味しい。手軽で素早い「広島汁なし担担麺」

開封すると、こんな感じ。ストレートの細麺に液体スープ、ひき肉入りの辛みその3点セットが2人前入っています。

マルちゃんから、広島汁なし担担麺 チルド登場

麺は、沸騰したお湯で1分15秒ほど茹でます。ゆで時間に「秒数」まで書いてあるレトルトは、個人的には初めて見た気がします。細麺なのでゆで時間が短く、ほとんど待ち時間がないのも嬉しい。ですがその分、麺がのびやすいのでご注意。

広島汁なし担担麺、ひき肉を温めておきます

麺を茹でている間に、器にお湯を入れ、その中に液体スープやレトルトの具を袋ごと入れて、具と器を一緒に温めておきます。

麺が茹で上がったら、水気をよく切って、お湯を捨てた器に盛りつけます。麺は洗ったり冷やしたりする必要はありません。その上に、温めておいたスープとひき肉をオン。

広島汁なし担担麺 チルド
具を一通り乗せてみたところ

たっぷりの刻みネギを加えたら、ひたすら混ぜます。しっかり混ぜ合わせたら、出来上がり。

広島汁なし担担麺 チルドで480円

花椒のあのビリビリとした痺れる辛さが、食べ終わった後にもずっと口の中に残るくらい、けっこう辛味もきいています。辛さを調節したい場合は、温泉卵を入れるとマイルドになります。

パッケージの説明欄には「食べ終わった後に残るタレと具に、ごはんを入れる」とありましたが、店舗で食べる汁なし担担麺とは違って、チルドは具の量が少な目なので、筆者が試したところ、タレや具は残る気配はありませんでした。もし残っているようなら、ホカホカの白米を入れて食べればOK。

具も付いているので、トッピングなしでもそのまますぐに食べられますが、出来ればネギや温泉卵・ゴマなどを追加すると、より美味しく頂けます。取り扱いは全国のスーパーや量販店にて。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP